起業するなら努力せよ!

女性の就職活躍推進

日本の労働力人口を増加させるために、出生率を上げる必要があるとされていますが、まずは、女性が安心して育児に専念できる環境づくりが必要となるはずです。働き方改革は、そのような環境を整える為に、様々な議論を繰り返し行われています。女性の出産率が低下、減少した理由として、就職難が上げられています。職を得ることが難しかった世代が、結婚や、出産適齢期を迎えた時に、経済的不安を抱えていることで、結婚や出産から遠ざかってしまったという理由が考えられています。また、良い職場環境を整えられないことでの、経済的な不安定さから子育て、育児に関する生活への負担を考え、リスクの少ないライフスタイルを求めるといった傾向があると言われています。

女性の社会進出には、それなりに社会側の協力が不可欠であり、託児所の設置など、仕事と育児の両立を可能にしなくては、大きな負担を抱えながらの子育てとなってしまいます。これまでの日本の労働美学として、残業して長い時間働いた者が勤勉とされ、当たり前のようにサービス残業を行っていたような時代は、見直さなくてはならないようです。それには、皆さんの考え方をまずは、変えなくてはなりません。過酷なスケジュール、シフトの下、労働を課される、そんな働き方ではなく、自身のプライベートも尊重できるような、思い描いたライフスタイルを実現可能にするような働き方改革が求められるべきです。実際に、大手企業などは、育児と仕事の両立を可能にすべく様々な、取り組みを行いはじめています。また、企業や、雇用に囚われず、自ら起業を行ない、自分のペースで働きたいという女性の声も多くあがってきています。働き方は一つでは、ありません。皆さんの生き方スタイルに合わせて、働き方のスタイルを描いてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です