起業するなら努力せよ!

銀行口座の種類

次に、銀行口座についてです。口座といってもいくつか種類があり、その目的によっても選ぶ種類が変わってきます。口座を開設する前に、それぞれの特徴を確認していきましょう。

まずは当座預金についてです。これは業務上の支払いのために利用します。無利息であることが特徴で、小切手や手形はこの当座預金から支払うことになっています。預金保険の保護の対象にもなっています。ただし、当座預金を開設するためには審査が必要になってきます。小切手の発行自体は直ぐに行うことができますが、手形関係の発行は、取引実績などで信用を得る必要があります。当座預金に通帳はありません。毎月、当座預金照合表が送られてきますので、こちらを確認しましょう。

次に普通預金についてです。これは個人で持っている人も多いのではないでしょうか。当然ながら、お金の出し入れが自由にできる口座で、当座預金と比べて利便性の高い口座と言えます。ATMでの入出金や通帳記帳はもちろんのこと、ネットバンキングも利用することができます。現在では多くなってきたペイジーの利用も可能になっています。公共料金などの自動引き落とし、給与の振込など、使用用途は様々です。普通は利息もつき、預金保険の保護対象にもなります。

最後に、納税準備預金です。その名の通りにはなりますが、国税や地方税などを納税するための預金口座です。普通預金に比べて、利率が多いというメリットがあります。その利子も非課税として扱われます。預入れはいつでもすることができますが、その引き出しは納税のためにしか使えません。注意して資金のコントロールをする必要があると言えるでしょう。こちらも同じく、預金保険の保護対象です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です