起業するなら努力せよ!

固定観念を疑え!

ビジネスプランを立てるとき、自分に都合のよいことばかり並べてしまうものです。

起業セミナー事務所の場所や家具の配置、オープニングパーティ。

税理士や会計士、事務員、営業マンと知り合いの紹介などから人員を揃え、肝心の仕事は自分の人脈を活かせば「あるに決まっている」と――。

……ひと昔前、大企業の定年退職者は、大抵こんな起業をやっていました。

 

また近年ではSNSで宣伝をし、リア充を演出するキラキラ女子も話題になりましたね。

 

一見成功者に思える彼らですが、実はその多くは「過去に誰かが成功した形」を真似ているだけに過ぎません。
キレイなオフィスで社長の椅子に座っているのが社長だと思っているのです。
そんな彼らには、独自の「ビジネスプラン」がないようにも思えます。

 

自分の人脈を使うのは、一見、現実的なプランのように見えます。
錚々たる知り合いがいても、それは会社が持っていた人脈。
自分の人脈ではありません。
最初はお情けで仕事をくれても次はないと思った方がいいでしょう。
また、仕事を回してくれる会社だっていつまでも安泰だとは思わないことです。
相手の事情に翻弄されるような計画なら、考え直すべきです。

「自分のアイディア」を0から売り込む方法を考えてください。
新規開拓が当たり前です。
そして新規で顧客を得る方法が浮かばないのなら、その起業は失敗です。

 

人脈を使うなら、基本は情報収集に徹するべきです。

あらゆるネットワークを使い情報を収集しましょう。
情報はビジネスプランの完成度を上げてくれます。
正確な情報を得るためには、参入したい業界の勉強会・セミナーに積極的に参加してください。

知識以外にも、市場環境や競合他社の情報や動向も聞き出してください。

起業する人は今までの経験則からビジネスプランを作りがちです。
そして、そのプランに絶対的な自信を持ってしまいます。
これはとても危険なことです。

会社員だったあなたは、組織人です。
組織人と起業家は根本的に違います。
これを頭に叩き込んでビジネスプランを練り上げましょう。

Related Site

起業セミナー| 株式会社GOSPA(ゴスパ)